2019夏期特訓のお知らせ

今日から中学部授業再開なのでどうでも良いオフの余談を

泉中学校は小田原市内で最もテストが遅かった学校の1つです。早い学校は6月10日頃には始まっており、もうテスト明け2回目の授業という教室も。昨日も螢田教室はお休み(小学生はテストでした)でしたが、私が他に担当している板橋教室はどんどん授業が進んでいます。

中3の範囲で言えば、かなり差がついているのが現実ですね。城南中は2次方程式の計算がそろそろ終わりますが、泉中はまだ平方根ですし。毎年泉中は授業が遅く、入試に向けて不利な状況が続いています。昨年の白山中は12月初旬に教科書内容が全て終わっていましたが、そのころ泉中はまだ三平方に入っていない状態でしたから。

今年は夏期特訓で予習が進みますので、入試に向けて理想的なスケジュールになります。学校より大分先を進んでしまいますので、学校ワークをやるタイミングが1つのポイントになってくるでしょう。塾で習う→塾の宿題や演習→学校ワーク→学校の授業という順番が良いでしょうね。

散々だったオフ

たまにはオフの話でもしたいと思います。

この業界、テスト前は鬼のように忙しいですが、ひとたび終わればつかの間の休息がもらえます。私も今回1日だけ平日に休みをもらいました。

本当は、その休みを利用して検診に行こうと思ったんですよね。大人相手の商売ではないので、自分がまだまだ若いと勘違いしがちなのですが、気がついたらもう40の大台。生徒からは40に見えないと言われますが、とてもお世辞の上手い連中だなあと感心してしまいます。

小田原市って、40になると特定健診なるものを受けなさいと言われます。よく分かりませんが、健康診断の豪華版みたいなやつですよね。それに加えてガン検診も3つくらい受けられるらしく、それでいてお値段は破格の2000円だそうです。これはお得。

ただ、医療機関って基本的に平日営業です。土曜日も午前だけやってたりしますが、恐ろしいレベルで混んでます。先日も耳鼻科の予約を朝7時から取ろうと思って電話をかけたら全く繋がりません。10分以上かけ続けて(大変迷惑)ようやく繋がったくらいです。発信回数は56回でした。ただでさえ時間のかかる検診を、そんな大混雑した日にやったら気が滅入ってしまいます。

だから平日休みを虎視眈々と狙っていたのです。

そんな私の目論見は、あえなく撃沈されました。娘によって。

ウチの娘はまだ1歳3ヶ月ですが、保育園に通っています。1歳までぬくぬく過ごしたいたので、外の厳しい世界に晒されてそれはそれはよく体調を崩してくれやがります。

2週間前の週末でしょうか、目が真っ赤になっていたので眼科へ連れて行きました。よくある流行性結膜炎で、一応感染症だったので、数日間はお休みを余儀なくされます。どちらにせよ土日を挟むので、それほど影響はないと思っていました。そのときは。

ところが週末なぜか熱を出します。それ結膜炎とは関係無くない?ということで(予約合戦を繰り広げて)耳鼻科へ行くと、「中耳炎ですね」とのこと。

確かに鼻水が出るから吸引してましたよ。こまめに吸って予防していたつもりだったんですけどね。ちなみに中耳炎は1ヶ月ぶり2回目。なかなかのハイペースです。

中耳炎は痛みさえなければ全然余裕らしく、元気なんですよね。熱は40度くらいありますが、食欲もあるし薬もちゃんと飲むし、特に心配していませんでした。

眼科も再検診し、もう大丈夫とのお墨付き。中耳炎は熱さえ下がってしまえば感染するものではないので保育園復帰できます。幸い熱も下がりつつあるので、これで収束かと思いましたよ。そのときは。

ウチの場合、保育園を休まれると、午前中私が付きっきりでお世話をし、午後はひどいときは妻が早退してきてバトンタッチ、症状が軽ければ祖父母の家へ預けにいくパターンです。こんな生活が4日続き、そろそろ復帰してくれないと家事やら仕事やらに大分支障が出ます。

親の心子知らずとはこのこと、再び高騰する熱。今度は40度オーバーです。もはや原因不明です。耳鼻科では「中耳炎はもう大丈夫なので、風邪じゃない?」と言われ、内科では「分からないので、熱の記録取っといて」と言われ、途方に暮れる我が家。

結局丸1週間保育園を休み、週末もまだ発熱したまま過ごすことになりました。この時点で私、特定健診を諦めました。まあ、子どもが伏せっている中検診とか行ってる場合じゃないな、と。ようやく熱が下がり始めたのは日曜のこと。月曜に小児科へ行き、OKをもらえば復帰です。

そして月曜日。私が代休の日です。まるでこのために休みを取ったのではないかというタイミングで、小児科へ連れて行きました。そういえば熱が下がると同時に、体に赤い発疹が出てきています。子育て経験者なら分かると思いますが、きっとアレです。

予想通り突発性発疹でした。99%の幼児が感染すると言われる熱→発疹のコンボです。ただ、これまた熱さえ下がれば登園可能らしいです。見た目は発疹で真っ赤なので、かなり痛々しい状態ですが、こんなんで行っちゃっていいんですね。お医者さんいわく、もう熱は上がらないよ、とのこと。

念のため火曜もお休みして、水曜からの復帰を目指していました。そのときは。

もはや何か恨みでもあるのでしょうか、火曜になって再び上がる熱。なぜ。

そのときは38度後半なので、幼児からしてみたら微熱に毛が生えた程度です。といっても保育園には行かれませんので、休みが長引いてしまいました。ショックすぎて思わず保育園に連絡を入れ忘れ、保育園から電話が来て慌てて平謝りするほどでした。

続く悲劇

結局保育園に復帰できたのは今日、木曜日になってしまいました。

それまでの心労がピークに達したのか、ついには火曜日、私が風邪を引いてしまう始末。……抱っこしたまま目の前で咳を何十回も連発されるもんですから、うつらないのが不思議なくらいです。まあ、私にうつしたおかげで娘が治るなら許しましょう(迷信)。

でも、不幸って本当に続くものです。

熱があって体がグダグダな火曜日、私は山王教室の授業でした。螢田はドア1枚で施錠完了ですが、山王教室はシャッターなのです。そのシャッターを開け、外に出るためにサンダルをポイッと落とし……サンダルがひっくり返ってしまいました。いつもなら足で適当にサンダルをたぐって直すのですが、1号線に面しているため人目があります。らしくもなくかがんでお上品に手で直そうとしたんですよね、なぜか。

その瞬間、胸ポケットから滑り落ちるiPhoneX。

見事ガラス面から10点満点の着地を決めました。ええ割れましたとも。

山王教室には恨みはありませんが、一瞬嫌いになりそうになりました。

もっとも、螢田教室ではもっと何度も落としてるんですけどね、カギを閉めるときに。

金銭的にも体力的にも精神的にもキツすぎたオフを過ごした話でした。なんでこんなどうでも良い駄文をこんな書いてるんでしょうか。

とりあえず愚痴を吐きたかっただけです。さて、気を取り直して本日から授業再開、頑張りましょうか!