塾のテスト直しで定期テストの点を伸ばす!効果的なテスト直しのポイント

泉中学校の試験まで1週間を切りました。ちょうど残り1週間のタイミングで達成度確認テストを行いました。

ウチの塾の達成度確認テストは、中学校の試験範囲に合わせたプレテストになっています。難易度もおよそ学校と同じ~ちょっと難しめに設定しており、このテストで目標点に達していれば、このままのペースで充分目標達成するはずです。もちろん今回正解になった問題が本番でも確実に正解になるとは限りませんので、まだまだ演習を繰り返す必要はあります。

逆に、この達成度確認テストで出来なかった問題を放置すると、本番では必ず間違えます。必ず、です。出来なかった問題が何も努力せずに勝手にマスターするなんて夢を見てはいけません。選択問題でも無い限り、テストにまぐれ当たりはありません。自分の能力を伸ばす以外の方法はないのです。

この達成度確認テストを上手く利用すると、効率よく勉強が出来ます。ただ闇雲に問題を解きまくっているうちは、どこが苦手なのか、何が出来るようになっていないのか、あまり見えません。テストをすることによって、自分の弱点があらわになります。目をそらしたくなる気持ちは分からないでもありませんが、むしろ得点を上げる大チャンスですからね。出来ないものが定まってからが本番なのです。

テストを元に復習しよう

達成度確認テストのようなまとめテストでチェックをした後、何をすればよいか分かっていないと非常にもったいないことになります。

テストでミスをした問題に対してどのように取り組めばよいかまとめてみました。

テスト直しで気をつけること

間違えた問題の直しやまとめは最小限に

学校のテスト直しは提出物なので、見やすいレイアウトで、文字も丁寧に、効果的に色を使い、全体的に綺麗なまとめが必要です。

一方、試験勉強としてのテスト直しは、次に解き直したとき解けるようにすることが目的。どうせ読むのは自分だけ。つまり綺麗に書くのは自己満足でしかありません。

もちろん解説をじっくり読み込んで自分なりに解釈し、自分の言葉でまとめ直すのは良いことです。用語を間違えた場合、周辺の知識も含めて調べてまとめ直すのも有効でしょう。

しかし、その作業がメインでは無いのですから、たっぷりと時間をかけてはいけません。限られた時間しかありませんので、凝りすぎず最小限にまとめましょう。

間違えた問題だけ解き直して終わりにしない

テストは解き直してナンボです。ですが、ただその問題が出来るようになれば良い訳ではありません。

例えば、社会のテストで「社会権」と答えるところを「生存権」と書いてしまったとしましょう。多くの中学生は正しい解答である「社会権」について全力で覚えようとします。しかし、それだけでは足りません。なぜなら、その子は「社会権」の知識が足りないのはもちろん、同時に「生存権」についての知識もあやふやだったから間違えたのです。つまり、「生存権」についてもインプットし直さないとダメでしょう。

数学なども同様です。単純な計算ミスならただ解き直して良いかもしれません。しかし、四則混合計算の途中で(-2)の3乗を-6としていたりする子は、その問題を間違えたというより、もっと基礎的な部分の定着が足りません。弱点をピンポイントで補強しなければ、その子は累乗が式に出てくるたびに謎のミスを連発する現象に悩まされるでしょう。

このように、テストの問題はあらゆる知識や技術が埋まって初めて解けるようになるのです。その1問のやり方だけ暗記したところで、ちょっと問題が変化したら出来なくなってしまいます。

これが「やり直したのにテストで出来なかった」原因です。

では、具体的には何をしたらよいでしょうか。

伸びるテスト直しの活用法

間違えた部分の類題を解きまくる

テストである問題を間違えたら、テスト直しを通じてミスをした原因を探ります。

ミスの原因部分が含まれる類題=似たような問題をたくさん解きまくりましょう。ミスをした問題数の10倍くらいがいいんじゃないでしょうか。

先ほどの数学の例で言えば、四則混合計算の途中の「累乗」の計算をミスしたわけですから、まずは「累乗」の問題を10問程度解き、出来るまで繰り返します。次に、「累乗」が含まれた四則混合計算をやはり10問程度解きましょう。

これだけの問題量をピンポイントで演習すれば、必ず何らかの結果が出ます。

実際に今回の達成度確認テストで文字式をミスし、私に相談をしてきた生徒にこちらで与えた問題量は「1ページ分」でした。ミス1問に対して問題集の1ページ。問題数で言えば約30問でしょうか。これだけやれば同じミスは繰り返さないでしょうね。

間違えた問題と同じジャンルの内容を覚え直す

先ほどの社会の例で言えば、「社会権」と「生存権」がごっちゃになっているのがミスの原因です。この場合、「人権」の部分全体があいまいになっているということでしょうね。ですので、覚え直しが必要なのは「人権」の種類全体、少なくとも「社会権」の全体です。(社会権を勉強し直せば、社会権に含まれる生存権は勉強できる)

つまり、間違えた問題と同じ種類の内容をインプットし直すのです。

中1の英語なら、木曜日=Thursdayを書くべきところにTuesdayを書いてしまったとすると、その子はたまたまThursdayだけを間違えているわけじゃありません?Tuesdayが火曜日というのも覚えていないから、木曜日の答えとして平気で書いてしまうのです。

だから、曜日を全部覚え直しです。

この復習の仕方は主に暗記が必要な科目で有効です。学校の定期テストレベルなら、英・理・社がこれにあてはまるでしょう。

間違えた問題に戻って最終確認

類題を解いたり、関連する知識を入れ直したら、最終的にテストで間違えた問題を解き直します。

ただ単に間違えた問題を解き直したわけではなく、周辺を固めた上での解き直しです。これで解けるようになっていれば、その問題のみならず、多少問題設定が変わってもちゃんと解けるようになっているはずです。

また、肝心のミスをした問題を解かずじまいで終わるのもよくありません。きちんと解けるようになったチェックは欠かさずやっておくべきでしょう。

まとめ

出来なかった問題をやり直すのは当然みんなやると思うのですが、「その問題を解き直して終わり」にしてしまっている人がほとんどではないでしょうか。

テストをすることで見つかるのは、「解けない問題」ではなく「解けない分野」と考え、少し広めの復習をすることで、よりテスト直しの効果が高まります。

そんな話を生徒たちにした上でテストを返却したところ、いつもより解き直しに熱が入っています。と同時に、参考書でも作りたいの?と言わんばかりのまとめをしている子はいなくなりました。

まだまだテストまで4日も残されています。理想的にはもう仕上がっていてもおかしくない時期ですが、そんなに甘くはないですね。ここからいかに「自己ベストを出す!」というプライドを賭けて勉強に打ち込めるかが勝負。ペンを動かすスピードにも表れるような追い込み方を見せて欲しいものですね。