試験勉強のイロハを掲示物にしてみた

いよいよ本日から1日早く中3生の試験対策が始まります。中3はテストが3日間のため、1日本番が早いんですよね。2週間前からというお約束ですので、他の学年の生徒より一足早いスタートです。

先日アップした試験対策特訓のやり方について説明した記事は、多くの保護者の方にご覧頂いたようです。忙しい中あんなアホみたいに長い文章を読んで頂いて、ありがとうございます。ですが、1番読んで欲しいのは本人です。

さて、中1生には先週の授業を丸々1コマ費やして、試験対策のやり方の説明、レコーディングノートとはなんぞやという説明、そして試験勉強のやり方についてお話ししました。

今まで小学生時代にやってきた勉強法が通用しないことはよく理解してもらえたと思います。と同時に、普段我々が繰り返し言っている、宿題から確認テストまでの流れとほとんど同じだということも分かったのではないでしょうか。

ただ、私は彼らの記憶力を全く信用していません。その場では頷いて納得した様子だったのですが、きっと1週間たったら何事も無かったかのように自己流に戻ります。そこで勉強法をしつこく伝え続けるために、掲示物にして張り出しておきました。

ラミネートパワー炸裂

凄いですよね、ラミネートって。どんなチープな内容の掲示物でもそれなりのクオリティっぽく見えてしまいます。

私は昨日山王教室の指導を担当していましたが、本日から始まる試験対策特訓にどうしても間に合わせたかったので、夜中にこっそり忍び込んで作業をしておきました。

掲示物と言えば先日学校問題集のやり方も掲示物にして貼りましたが、今回も引き続きほぼ丸パクリオマージュ全開で出来上がっております。

お詫びの印にネタ元を紹介しておきます。

参考 さくら掲示物販売所さくら掲示物販売所

ちなみに内容は全くパクっていませんが、ほとんど同じになりました。つまり、それが塾としてのスタンダードということなんでしょうね。

勉強法を掲示しておくメリットは、伸びない勉強をしてしまっている生徒を注意をするとき、口頭だけではなく掲示物を指さして説明できることです。何度も注意するような生徒には、恐らく無言で指をさすだけになると思います。

さあ、せっかく頑張って貼ったので、生徒たちもよく読んでがんばってもらいましょう。