指定校推薦は大学に入ってから困る?心配性なアナタに送るナイショの話

先日公式サイトのブログに指定校推薦制度の解説を書きました。出来るだけ個人的な意見は入れないようにして(当社比)よそ行きな感じで書いたつもりです。

参考 指定校推薦の制度が丸わかり!大学を目指す高校生は必ず知っておこうエコール学院公式サイト

実際に高校でどのような指導がされているかや、客観的に指定校推薦がどのように言われているかなど、触れたらヤケドするような話題は避けました。
ということで、奥歯に物が挟まったような物言いは公式サイトだけにして、ここでは指定校推薦のありのままについて書いてみようと思います。

指定校推薦はアリかナシか

学習塾では、こんな考えのもとで指導が行われるのが一般的です。

「指定校推薦より一般入試で大学へ行った方が良い」

これは、一般入試の方が学力は向上するという論調が元になっています。

一理あります。むしろ百理あります。

一般入試は受かる受からないを度外視しても、真剣に取り組めば学力はかなり伸びます。私も一般入試で大学進学をしましたが、本命の国立大学のために多くの科目を勉強した経験は何にも代えがたいものでした。まあ古典がダメすぎて落ちましたけど。

さらに、指定校推薦で入った場合、ついて行くのが難しいという意見もあります。しかし、少なくとも卒業生でついて行かれなくて大学を辞めたなんて話は1回も聞いたことがありません。

大学生は勉強量にとんでもなく個人差があります。日頃から予習復習を欠かさず、講義も前の方で聴いている学生がいる一方で、バイトとサークルのみに精を出し、講義は一番後ろでスマホに釘付けな学生も山ほどいます。

指定校推薦で入る生徒が一般入試組に多少劣るところがあるのは認めざるを得ませんが、それを自覚して努力すれば充分ついていかれます。

だって、授業にろくすっぽ出ないでも単位取れちゃう程度ですよ?多少能力が低かろうが、努力していけば大丈夫ですって。

逆に、一般入試で合格を勝ち得た高学力層だって、努力を怠れば大学の授業は意味不明になります。断言できます。線形代数とか意味不明でしたし(お前かよ)。

指定校推薦で合格できる機会を活かすべき

個人的な意見としては、大学は出来るだけ高いレベルのところへ行った方が良いと考えています。就職にしても、研究のレベルにしても、高レベルの大学は恵まれています。

かたや指定校推薦で明治大学の理工学部に受かるチャンスがある。かたや一般入試で日本大学の理工学部の合格に賭ける。そりゃ明治大学に行くでしょう。

大丈夫、入学してしまえば指定校だろうが一般入試だろうが自分から白状しない限り区別はつきません。内部進学生は入学直後から群れをなしているので分かりますけどね。結果として残るのは単位を取れたかどうかですから、積極的にチャンスをつかめば良いのです。

ということで、指定校推薦は全然アリです。むしろ真面目に努力してきた子が指定校推薦で進学するので、大学でも真面目に過ごすと思います。

指定校推薦を使うべき学校

ウチの塾がある地域に限定して、具体的な公立高校の例を出して説明します。

高校の中には、指定校推薦で合格した大学を一般入試で受けたら合格できない、という学校が存在します。簡単に言うと、指定校推薦の方が良い大学に受かる、という事です。

具体的には、3番手校である西湘や大磯以下の学校です。これらの高校は、指定校推薦でGMARCHに合格できますが、一般入試では軒並み落とされます。もちろん、一般入試に特化して高2あたりから努力していれば一般入試でも戦えますが、それって学年に何人いますか?というレベルです。

指定校推薦枠のないさらに上位の大学に受かるのはレア中のレア。これは行くべき高校を間違えたパターンです。

反対に、小田原や秦野といった、学区トップ校や2番手校の場合、指定校推薦が受けられるような上位の生徒なら、早慶が現実的な志望校になります。GMARCHは滑り止めですので、指定校推薦枠に見向きもしません。

こういった学校だと早慶ですら指定校推薦の枠が余るケースも。だって、みんな出来れば国立に行きたいですもんね。

指定校推薦における中堅校の進路指導は

ここは具体的な高校名は伏せておきますが、実際にあったケースです。

中堅進学校の場合、GMARCHにどのくらい合格したかが合格実績に大きなウエイトを占めます。さらに、GMARCHを超える大学に受かろうもんなら高校としては万々歳なので、何とか狙って欲しい気持ちは分かります。

ウチの生徒は理系でトップクラスの成績でした。かねてから指定校推薦を狙うべく、ずっと作戦を立ててやってきました。お姉さんが一般入試で苦労したらしく、本人も家庭も指定校推薦1本でした。

高3の面談で進路希望調査があった際、GMARCHの理系最上位である、明治の理工学部の指定校推薦を希望する旨を伝えたところ、先生から返ってきた返事は「もったいないから一般受験しなさい」でした。

先生の言い分では、「GMARCHなら一般入試でも受かるから、もっと上位の大学にチャレンジしなさい」とのこと。

その後、私のところへ相談に来ました。学校のカリキュラムと使っている問題集は確認していますので、私は先生の指導ではなく、当初の予定通り指定校推薦でいこうと提案しました。その学校の授業で入試対策をしても、GMARCHが受かる内容では無いからです。

もちろん塾で大学入試の対策をすれば可能性はあります。しかし、最初から指定校推薦を目指して特化していますから、模試の得点状況から判断すると間に合わないのは明らかです。

この生徒の学力が低いわけではありません。入試の勉強をするなら相応の準備が必要ですが、指定校推薦を狙うために勉強をしてきたので、カリキュラム上無理がある、というだけのことです。能力は高いので、初めから一般入試目指してやっていれば大丈夫でしょう。

ただし、それは指定校推薦と同等のGMARCHの話。学校の先生がおっしゃる「上位の大学」に関して、あの某高校の教材でどのように対処するのか、全くプランが見えません。

保護者の方も疑問符を浮かべていましたが、せめてチャレンジしろというなら、相応の指導と併せて提供すべきでしょう。それは塾任せというのはあまりに無責任です。

実は、指定校推薦を学校が否定することは珍しくありません。特に多いのが中堅進学校です。上位校はハナから指定校推薦に見向きもしていない生徒ばかりですし、中堅以下の学校はむしろ指定校推薦を奨励しているフシがあります。

中堅校の先生の中には、一般受験の方が高いところへ受かる!と思い込んでらっしゃる方もいるようです。確かに先生方はトップクラスの高学力層ですから、ご自分はそうだったのかもしれません。それで錯覚されているのかもしれませんね。

指定校推薦は先生と仲良くすると良い?

指定校推薦は情報戦でもあります。その情報を握っているのは誰か。それはもちろん学校の先生です。

私がよく生徒にアドバイスをするのが、「先生と仲良くしておきなさい」ということ。先生と信頼関係が築けていると、それとなく情報が伝わってきたり、影ながら便宜を図ってくれたり、ということがあります。

えー?そんなえこひいきするー?と思ったそこのあなた。

あるんです。

だって人間ですもの。

学校の先生が全員そうではありませんが、一般の生徒とは一線を画す信頼関係を構築できた生徒が何人か出来てきます。そこは人情、彼らに受験で失敗して欲しくはありません。

もちろん成績を逆転させるわけにはいきません。そこで、さりげなく「君の志望校は誰かと被りそうだよ」とささやいてくれます(比喩です。ホントにささやいたら変人です)。

本当にさりげないアシストですが、無謀な戦いで玉砕するのを未然に防いでくれるのはありがたいことです。ウチの生徒も実際に何人か救ってもらいました。

さらに凄かったこともありました。指定校推薦ではなく、AO入試に挑戦した生徒だったのですが、プレゼンテーション形式の試験が苦手な子だった(果敢に挑戦したのは凄いですが)ので、不合格になってしまいました。

本来指定校推薦の募集時期はAO入試よりもっと前なので、AOで失敗すると必然的に一般入試へスライドされます。ところが学校の先生が指定校推薦で余っていた枠のうち、その生徒の希望に近いものをリサーチして下さったのです。

何というか、制度的には限りなくグレーですが、そこまでやってもらえるのも日頃の行いなのではないでしょうか。

ちなみにその生徒、生徒会役員です。

みんな、生徒会に入ろうぜ!

まとめ

とりとめのない話題をばらまいてしまったのでまとめもへったくれも無いのですが、一つ確実に言えるのは、学校の進路指導が遅すぎるので、指定校推薦のことは出来るだけ早く意識しておくべきだということ。確かに高校生活を送っていればそのうち耳にする制度ではありますが、それでは遅いのです。

また、あえて学校側がひた隠しにするケースもあります。にわかに信じがたい話ですが……事実です。

実は指導者側からも賛否両論ある指定校推薦制度。ただ、世間の評価に惑わされてはいけません。

指定校推薦を否定する立場の方は、それに対してメリットがあるわけです。学校ならば、一般入試での進学実績を残してもらいたい。塾ならば、学校の勉強に惑わされず入試のみに向けたカリキュラムを設定したい、などです。

肯定派もしかりで、メリットがあるから勧めるのです。ウチの塾が指定校推薦を推すのは、カリキュラム上学校の成績を取らせるのが大得意だからです。

私は個人的な意見としても賛成派です。合格すれば方法は関係ない、むしろ不真面目な大学生の方がよほど無意味です(to過去の自分)。

頑張って指定校推薦を狙っても、紆余曲折あります。進路も揺れます。それでも必要なときに得点が足りなくならないよう、学校の成績を取りきっておきましょう。

そもそも学校の成績すら取れないような子が一般入試に受かるわけないんですけどね。身もフタもないですが。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。