2019夏期特訓のお知らせ

新学期は理社からスタート!

およそ1週間の休養期間を経て、新学期授業が始まりました。休みの間は育児に奔走していたわけですが、わずかに残った桜を見ながら子どもを抱っこして散歩していると、やたら学生が多いのです。よくよく考えたらその日は4月5日。

「ああ、そういえば学校が始まったんだな」

まるで人ごとのようです。なにせ新学期ですから、なかなか授業は始まりません。塾業界的に、1年間で最も気が休まる時期なんですよね、4月アタマって。「学生のみんなは大変だね~」などと娘につぶやきながら(絶対聞いてない)、のんきに過ごしていました。

毎年恒例:理科と社会はどこをやるの?

そして始まった新学期、初日は理科社会の授業からスタートです。春期講習は英数国の3科目だったので、私にとっても久々の理科です。やる気満々で生徒に

「授業はどこから入った?」

と聞いてみたのですが

「まだやってないです」

と肩すかしを食らいました。あれー?小学校はもう授業が始まったというのに、中学校の方が遅いのですね。

さあ困りました。理科も社会もかなりイレギュラーな進み方をする事で定評のある科目。教科書通り始めたは良いものの、とんでもない順番で学習することがあります。ターゲット校の泉中学校だけでなく、だいたいどの学校もバラバラなのが常です。このあたりが学校に合わせる塾の泣き所でもあり、有利な点でもあります。

有利というのは、学校と足並みを揃えているので、学校の授業が分かりやすい事です。

学校を無視して進む進学塾なら気にする必要がないのでカリキュラム設定は自由なんですけど、その代わり学校と違うところを進めていますので、学校の内容を自力で解決する必要があります。正直比較的レベル高めの子でないと厳しいのではないでしょうか。

悩んだ末に、結局教科書通り進める事にしました。万が一変な始まり方をしたら来週から軌道修正&補習をすれば良いだけですし。

実は去年の泉中学校は教科書通り進んだのです、珍しく。だから今年も同じではなかろうか、との予測です。

中3社会は時間割に「公民」と「歴史」が両方ある事が判明していますので、昨年同様同時進行が確定しました。ならば公民と歴史を2:1くらいで進めていきましょう。

1つの科目で内容を同時進行するのはどうなの?

泉中学校の社会は、昨年も公民と歴史を併行して進めていました。最近このパターンを採用する中学校が増えてきましたね。

公民と歴史は理解のプロセスが大きく違います。まあ、暗記が多いのは社会なので変わりありませんが、大きく違うのは「公民=ルールに基づく」のに対して、「歴史=人の考えに基づく」という事です。

私が歴史を苦手な理由がまさにコレ。しくみや原理を考えると理解しやすい公民は得意でした。しかし、歴史は人が作ってきたものです。その当時の人物が、それぞれの立場においてどのような事を考えたかによって、歴史が動きます。この、「人の考えたこと」を簡単に想像できる人は、歴史をすんなり理解することが出来ます。

ですから、文系の人は歴史を専攻することが多く、理系の人は公民や地理を専攻することが多いのです。

そんな2つの分野が1週間のうちに両方出てくるとなると、アタマの切り替えが追いつかなくなりそうです。現に、昨年の中3生を見ていても、若干混乱気味だったように思えます。

どちらにせよ両方勉強しなくてはなりませんが、中2で歴史を勉強してきているのですから、普通にまず歴史を終わらせてしまい、公民へリレーした方が中学生は理解しやすいと思います。何かメリットがあるんですかねぇ。

そして、社会はともかく理科はもっと悲惨です。

例えば中3で学習するイオンは目に見えない粒子のイメージをつかみ、原理を深く理解して行くにつれて今まで学習した化学変化のしくみが一気に分かるようになります。短期間に集中的な学習をするからこそ、原子と電子の関係のイメージが出来上がりやすくなります。

そこに他の分野のノイズが入ってしまったら台無しです。1つの分野は段階を追って繋がっていますから、同じ科目の他の分野が混じるのは理解の妨げにしかならないですからね。

幸い泉中学校の理科は(去年までは)2つの分野を併行して進める事はしていませんが、混じっている学校は大変ですね。

新年度に漂う緊張感

新しい学年、新しい分野。やはりこういうときの生徒は緊張感があって良いです。

まだ内容自体が難しいのか、自分にこなせるのか、こういった感触がないので非常にニュートラルです。この時期に絶対つまずかせないようにしないといけないので、じっくり丁寧に指導を進めていきました。

それこそ中3理科なんて、定規の使い方1つにも注文をつけるレベル。本当に定規で線を引くのが下手な子が多いですからね。私の定規へのこだわりは下のリンク記事をご覧頂ければよく分かると思います。

[blogcard url=”https://tmyworks.com/759/”]

また、中1の最初から理科と社会を受講している生徒は突き抜けた点を取らせてあげたいですね。こればかりは受講者とそうでない生徒の差は歴然とします。軽く平均点にして15点差はつけられると思います。期待に応えましょう。

さて、新学期は私事で色々忙しい(主に保育園の慣らし保育)ですが、ボチボチ更新を続けていきますので、今年度もよろしくお願いします。