2019夏期特訓のお知らせ

2018年度高校入試結果 生徒の頑張りのおかげで全員合格を達成!

2018年度の中3生の高校入試が終了しました。27日に公立高校の合格発表があり、2年ぶりに全員合格を達成しました。

発表直後にブログを更新したかったのですが、ちょっと立て込んていたため、ご報告が遅れてしまいました。ともあれこれで私立専願の生徒を含め、進学先が確定しました。

中3生は昨年の半分以下の人数で、相変わらず年によって波があります。その在籍生5名の進学先は下記の通りです。

鶴嶺,足柄,厚木商業,小田原城北,立花学園(専願)

対外的に見ると、大手塾のように華やかな実績には見えません。ですが、私は彼らが塾に入ってきたときの成績を知っていますので、本当によく努力し、数字を伸ばしてきた結果であると断言できます。

昨年途切れた全員合格

昨年は全員合格を果たせませんでした。ここ数年、全員合格が当たり前になってきて、気の緩みもあったかもしれません。猛省しかありません。

決してその生徒が頑張っていないわけではない、私の指導が的確で無かったのが原因です。模試の結果だけを見て、生徒の得点力を過信してしまった油断です。発表のとき開示された得点と、後日集計された入試データを見て愕然としました。ほんのあと僅かの差での不合格、これを塾のせいと言わずして何というのでしょう。

その合格をつかみ取るためのあと1問、あと数点を取らせてやれなかったのが私の甘さでした。

今年度にその反省が生かし切れたとは思いません。入試の難しさにやや翻弄されてしまったあたり、まだ不満が残るところです。ひとまず結果を出すことが出来たことに少々安堵しています。

実は無風入試でした

昨年の反省から、合格に足る想定ラインを少し上げました。余裕を持って受験に臨ませてあげたいからです。

その結果、ほとんどの生徒が合格に必要な得点力を充分に超え、それでもさらに得点を伸ばそうと努力を続けていました。直前に少々緩むかとも心配したのですが、入試対策マニュアルの学習スケジュールには、そんな心配のないくらいの学習状況が記録してありました。

想定より伸びたため、高校のランクを上げた生徒もいました。模試をやるたびに右肩上がりで、より上位校を受験する生徒を抜いてしまった生徒もいました。

そんな中、唯一の心残りが最初目標としていた高校から変更した子です。我々は大丈夫と確信していた得点力も、本人にしてみれば不安要素だったようで、志願変更ではなく最初から1ランク下げた形で出願をすることになりました。たらればではありますが、勝負していても合格できていました。ただ、本人が決めて自ら動いた事ですから、納得の結果なようです。

結局全ての生徒が合格点をキッチリ超えていたので、年明けくらいからはどこまで得点を伸ばすかに焦点をあてて行くことに専念しました。生徒たちは気づいていませんが、既に高校に入った後を見据えた指導にシフトしていました。

今年は人数が少なかったので細かく指導できるのは当たり前です。来年の中1などはスタート時点で定員が埋まりそうですし、しっかり目を配っていかなければいけません。今から大きなプレッシャーを感じます。

高校で活躍するために

ウチの塾は受験が終わっても高校に向けて授業が続きます。受験が終わったんだから多少遊んでもいいじゃない?と考える親御さんも多いと思いますが、学力が低下するのは思っているより速いです。現に、今授業をしていても入試直前のレスポンスとは雲泥の差です。

せっかく(お金をかけて)積み上げて行った学力を瓦解させるのは、色々な意味で大変もったいないことだと思います。普段の生活と勉強は別の思考回路です。せめて塾に来ているときだけでも、頭の回路をフル回転させてやると学力の低下を最小限に抑えることができるでしょう。

それでも入試前の緊張を含んだ空気は望めませんが、「自分の頭の回路が劣化しているかもしれない」という感覚を自覚するだけでも危機感が生まれます。それが勉強に対して前向きな姿勢となってくれれば良いと思います。

高校に入って続ける人もいれば、あとわずかで巣立っていく人もいます。そんな彼らに大きなお土産を持たせて送り出してやりたい、そんな気持ちで私は授業をしています。

まあ、続ける人はもっと大きなお土産を残せますけどね。大学の合格証書は欲しくありませんか?

最後に、ご家庭のみなさま、大変お疲れ様でした。受験している当人が大変なのは当たり前ですが、自分が手を下すこともできず、自分の思うとおりに子どもは動いてくれず、大きなストレスになっていた事は想像に難くありません。

プレッシャーから解放された現在ですが、実は3年後、比較にならないほどのストレッサーが待ち構えています。

そう、大学受験です。

先日の説明会でもお話ししましたが、そのストレスを最小限にする事ができる進学方法、それが指定校推薦です。この制度自体に賛否はありますが、最も近道であることは確実です。

ぜひ3年後、穏やかに大学進学を決められるよう、春休みに遊ばせてばかりいないで、多少の勉強というスパイスをふりかけてやって下さい。

もうスタートは切られていますから。

でも、まずはおめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。
次も頑張りましょう(笑)