あなたは朝型?夜型?テスト勉強をするならどっちが正解か

テストが迫った中3と面談をしていたときのこと、ある生徒から相談を受けました。

「先生、テスト勉強ってどれくらいの時間必要ですか?」

今までテスト勉強を山ほどやってきているはずの中3から、思わぬ質問でした。誤解を招きそうですので補足しておくと、この相談をしてきた生徒はレコーディングノートの記述を見る限り、間違いなく塾内で最も勉強時間が長い子です。内心「いやいや、君はこれ以上テスト勉強したら死んでしまうわ」と思いつつ、なぜそんな質問をしてきたのか訪ねてみて合点がいきました。

「友だちが3時まで勉強してたって聞いたので」

それは不安になるでしょう。ですが、レコーディングノートの記録上、朝起きて学校に行くまで勉強をしていますし、帰ってきて塾に来るまでも勉強しています。ましてや塾から帰ってからさらに書き切れない深夜(23:30までしか記入欄がありませんので)までやっています。すでに時間的に飽和状態です。寝る時間も私より少ないくらい。

私のような成長もしない中年はともかく、頭脳も身体も伸び盛りである中学生が、そんなショートスリープで平気なはずがありません。私は全力で彼女をいさめ、睡眠の確保の重要性を訴えました。話をしていくうちに安心をしたようです。

いきなり結論:質の高い勉強は朝型でも夜型でもない

いえね、中学生たちってどうしてこうも極端なんでしょうね。

彼らの言う「朝型」「夜型」って、どちらも非常識極まりないのです。

朝型=メチャクチャ起きて勉強すること

大人たちのイメージする朝型とは、朝常識的な時間に起き、空いた時間を活用して少し勉強をするスタイルです。夜はその分早く寝て、充分な睡眠を取り、脳のスペックを再び最大限に整えておき、翌日また早めに起きるのが好循環です。まあ、要は夜更かししないでやりましょう、ってことです。

中学生の言う「朝型」は違います。朝4時くらいに起き、眠い目をこすりながら3時間くらい勉強をするのが「朝型」だと思っています。ま、たいてい朝4時に目覚まし時計をかけても布団から抜け出せず、結局5時過ぎくらいに始めてお茶を濁すのが関の山なのですが。

テストが近くなると、というかテスト直前になるとこういう事をやり出す子がウチの生徒の周りに出現するのですが……変な知恵を与えないで頂きたい。この時間の使い方、間違いだらけです。

大きな欠陥が2つ。

まず、起き抜けに負担の大きい勉強をしたところで、寝ぼけた頭ではほとんど意味がありません。朝にとても強い人なら大丈夫なのかもしれませんが、普通は起きたばかりで冷静にモノを考えるのは難しいでしょう。私なんて起きてから1時間はポンコツです。

そして、この誤った「朝型」を実行する子はたいてい寝るのもなぜか遅いことです。完全に睡眠不足状態です。それが昼寝という形になってツケがきます。だから、テスト当日は「異様に早く起きる→朝勉強→テスト→午前で帰る→昼寝→夕方起きて夜中まで勉強→また翌朝異様に早く起きる」という最悪なルーティンに。睡眠は足りないわ頭が本領発揮できる状態にはなってないわで、良いことなどありませんよ。

夜型=深夜遅くまで勉強すること

一方、「夜型」はイメージ通りだと思います。深夜遅くまで勉強をする事ですね。

「私は夜型だから、夜中勉強した方が集中できていい」なんてうそぶく中学生は少なくありません。しかし、成長期の彼らにとって、午前0時過ぎは魔の時間帯です。

大人でも深夜に残業していたら実感できると思います。夜中って作業効率が落ちるのです。一日の疲れは出てきますし、脳のポテンシャルもダダ落ちです。午前2時くらいにキーボードを叩いていても、イマイチ文章が頭に入ってきません。

それなのに深夜の勉強がはかどるという中学生(感覚的に女子に多い気がします)が結構いる理由は、テンションが上がっているからです。

一言で言うと、「こんな夜中まで勉強してる私カッケー!」といったところでしょうか。

かつてウチの塾でやっていた元旦特訓は、12/31の夜に集合し、明け方までテストを行い、初日の出を見て解散するというモノでした。徹夜なんてしたことが無い生徒も、想像できないくらい夜中は元気になります。私が記憶している限り、夜中寝た生徒は一人もいません。達成感もあり、それはそれは思い出に残っている事でしょう。

ですが、そのときやっているテストの得点は、通常の入試対策模試と比較して決して良くありませんでした。本人は深夜のテンションで頑張っているように感じるものの、頭の働きは全く追いついていませんので、効果はとても薄いのです。ということで、現在は年末特訓と称して大晦日の昼間に特訓をすることになったのです。

閑話休題。

「夜型」の子の問題点は、勉強のゴールデンタイムである昼間~夕方は遊んでいる事です。だいたい、学校から帰ってきてすぐに始めていれば、夜中なんか疲れ果てて勉強どころでは無くなっているはずですし、時間も充分足りています。昼間ノンビリ遊んでおいて、夜中の効率が悪い時間に勉強をしたつもりになっているのですから、結果がついてくるわけないでしょう。過去の生徒で夜型の子は十中八九伸び悩んでいました。

まあ、短期間勝負の定期テストなら通用するかもしれませんが、長期間の入試勉強期間に夜型生活をしていたら破綻するに決まっていますからね。

まともな時間に勉強をしましょう

結局のところ、飛び道具を使う必要は無いのです。

まず早めに起きる。そして、朝食や身支度を済ませ、学校に行くまでの時間に前日にインプットした内容の確認をしておくと効果的です。

学校から帰ってきたら、出来るだけ早く机に向かいます。ここで休憩してからやろうと考えるから重い腰が上がらなくなるのです。学校で暖まった頭脳がフル回転するのはこの時間帯ですからね。

夕食は休憩時間扱いです。おなかを満たし、風呂を済ませたら最後の仕上げです。23時には終わりにしても、1日トータルで充分な時間が確保できるでしょう。

勉強を終えたらリラックスしましょう。寝るまでの時間に本を読んでもいいですし、趣味に費やすのも良いでしょう。ここは頑張ったご褒美タイムです。先にやるべき事をやってから過ごす自由時間はとても清々しく、後ろめたさなどありません。

そして、早めに床につきます。睡眠時間も確保し、頭が効率よく活動している時間を勉強に費やすことが出来る。良いことずくめですので、テスト前の2週間だけでも良いですから実践してみることをお勧めします。

さて、私に相談してきた生徒の話は結局どうなったのかというと。

夜中3時まで勉強している友人の話の続きを聞いてみると……
夜中1時から勉強を始めたそうです。

なめとんのかい。

話は夜更かしせず早く寝ようという事に落ち着きました。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。