いよいよ中3試験対策開始

ターゲット校である泉中学校の中3定期試験まであと2週間、いよいよ総決算となる試験対策が始まりました。

昨日は早速ここまでの仕込み状況と現状の課題、目標の設定を行いました。テスト前なのは中3だけで、中1・2の授業は通常通りありますから、合間を縫って面談をしていきました。

まだ初日ということもあり、問題内容の質問では無く、勉強計画に関するアドバイスや教材選定が中心。むしろ、抜き打ちでテストを行った中2の方が必死に質問をしてきました。ただ、中3の対応と併行して何人もいっぺんに質問をしてきたため、ちょっと不完全燃焼になってしまいました。あとで解説を作って送ってあげることにします。

課題への取り組みは過去イチ

ようやくというか、さすがというか、提出物などの課題はほぼ終わっている生徒ばかりでした。ちょっと怖いのが、特定の科目だけほとんど手を付けていないケース。なぜか国語と社会に集中しています。国語はテスト前の仕上げに使えるとしても、社会は学校の問題集を終わらせてからがスタートです。最優先で終わらせるべき課題ですね。

数学はほとんどの生徒が指示通りどんどん進めていたので、残すは学校でこれから習う部分だけ。もう終わりは目前ですので、安心してテスト勉強に取り組むことが出来そうです。

問題は英語。今回学校問題集の提出が無いので、やらないでテストを迎える子が続出するのが目に見えています。もちろん生徒にはやるように言いますけどね。提出の義務が無いだけで、範囲表にはページの記載がありますから、「問題集はやっとけよー」という先生からの無言のプレッシャーを感じられるでしょう。提出が無い=やらなくて良いと思っている短絡的な子は要注意ですね。

スタートの問題レベルも過去イチ

授業を進めていて感じられたのが、先週習ったことの定着率が高いことです。これは演習を担当するレジェンドY先生も同じ事を言っていました。テストで高得点を取る土台となるのが、普段の定着率です。もっと言えば、「習ってすぐ出来るようにしてあるか」にかかっています。

今までのテスト勉強では、まず基本問題からという生徒が多かったのが事実です。今回は質問してくる問題のレベルが明らかに上昇しています。塾のワークは難易度設定が4段階になっていますが、下の3段階は授業中・宿題・演習でほぼ解き尽くしています。質問の多くが最も高いレベルの問題ばかりで、こちらとしても教え甲斐があります。それも、手取り足取りではなく、着眼点のみヒントを与えれば気づく状態です。

余裕があったのでプリントを作ってみた

決して暇という訳ではありませんが、すごく基礎的な質問攻めに遭うことも無く、ピンポイントでの質問対応に終始していました。

時間に余裕があったので、今回の泉中3の時事問題に向けてまとめのプリントを作っていました。本当はこんなもの不要なのが理想ですし、自分でまとめろよというのが正直な意見なのですが、時間短縮を図るためやってしまいました。

自分で作っておいてアレですが、大したものではないのでダウンロードできるよう置いておきます。

時事問題プリント(選挙関連まとめ)

どうしても政治関連のプリントをまとめると主観が入りますが、私はメディアを面白おかしく俯瞰するのが好きなので、そんな論調になっています。今回の衆院選は色々楽しませて頂きました。だいたいどこの党を選んでも子どもの教育無償化があって助かります(笑)

今回は特殊日程のため長期戦

さあ、ここから長丁場。今回は螢田教室オープン以来初となる、金・月・火にテストが行われる土日挟み日程です。というか私が塾講師になって以来初めての経験です。高校生はそんなのばっかりですけどね。

土日が間に入る分、当然平均点も上がると予想されます。月曜が実技科目ということで、土日に実技ばかりやってしまうのは明らかに戦術ミスです。何しろ最終日の火曜は英語・数学という二大巨頭が待ち構えています。土曜はほぼ英数に費やしても全く問題ありませんし、日曜も実技ばかりやっていないで、英数の最終チェックも絡めておくべきでしょう。

いつ何を勉強するか、行き当たりばったりではいけません。そんなことは言われるまでもないとばかりに生徒たちは勉強を進めています(とりあえずは)。今回準備がしっかり出来ているので、狙うは当然自己ベスト。私も体調に気をつけつつ戦い抜きたいと思います。

ま、テストが終われば入試対策ですし、1・2年のテストもあるんですけどね……