2019夏期特訓のお知らせ

あまり大きな声では言えない定期テスト雑感

ウチの教室のターゲット校である泉中学校ですが、ことテストに関してはなかなか不思議な対応をします。もっとも、どの中学校も多かれ少なかれ似たようなものではありますけど、細かく見ているからこそ気になる部分もあるわけです。

特に中2は、教室がオープンして以来拝見したことが無かった対応がありました。思うところを少し書いておこうと思います。

中2は国語に引き続き数学も問題回収

前回のテストのとき、国語の問題が回収されたことについてブログで触れました(その後消しましたが)。別に塾としては回収されたこと自体は痛くもかゆくもありません。手元に残されるとまずい理由が何らかあるのは明らかなので、皆さんが想像をたくましくすればよろしいわけで。

さて、問題は数学です。

今回の第2回テストでは、数学の問題用紙も回収されました。理由は全く分かりませんし、正直言って理解不能です。

数学は毎回テスト直しがあります。成績の資料として使うか否かはさておき、数学でテスト直しをしないなんてのはあり得ません。学校の先生は素晴らしい課題を出していると思います。

そのテスト直しを、自分の問題用紙無しで行わなければなりません。

……どうやって?

問題用紙を回収した弊害

一応、先生が模範解答・解説を書いたプリントを配布されています。それを見れば確かに問題も、解答も、解説も分かります。それでも問題点が2つ、疑問点が1つあります。

まずそもそもの疑問。

疑問点:解説を配布するなら問題を回収した意味が無い

解説に問題が書いてありますから、問題用紙を何のために回収したか、さっぱり分かりません。

私の想像力をフル活用して考察をするなら、1つ説があります。それは、「テスト当日に復習することを防止するため」です。テスト当日に自己採点をしたがる子って結構多いんですよね。自分の点数がどのくらいか気になるのはよく分かります。ですが、次の日もテストは続きますから、終わったテストは置いておいて、次の日の科目に全力投球しなければいけません。

先生はこれを未然に防いだのでしょう。ほんとかよ。

問題点1:解説が詳しすぎてアレンジしづらい

先生の配布された解説は、とてもわかりやすく、細かく書かれています。一般的な中学生にはとても役立つに違いありません。

テスト直しをするには逆効果です。生徒たちは先生の華麗な解法を前に、何をテスト直し用紙に書けば良いのでしょう。先生の書いた内容が完璧すぎると、ただ写すしか無くなってしまいます。非常に能力の高いごく一部の生徒なら、別解をまとめたりポイントをまとめたり出来ますが、普通の中学生には無理でしょう。

でも大丈夫、テスト直しには欠かせないポイントがまだ残されています。それが「自分のミスを正し、改善点をまとめる」ことです。テスト直しの評価はもちろんのこと、数学の実力も間違いなく上がります。自分の解き方を正しいとき方にアジャストしたその瞬間、その子の解答能力は伸びるのです。

問題点2:自分の解答が分からない

私が問題回収に関して最も疑問を感じ、憤りを覚えたのはこれなんです。せっかく問題用紙にたくさん自分の解答の途中経過が残されているにも関わらず、それを回収されてしまった。つまり、テスト直しにおいて欠かせない、「自分のミスを正す」機会が失われてしまったのです。

やる気のある人ほど割を食うことになります。その結果、学校の中堅レベルの数学力が低下してしまうことでしょう。

ウチの生徒は普段から「自分のミスを正す」ことを徹底していますので、記憶を頼りに書いていました。そういう努力を欠かさないようにしたいと考えている学生に対して、機会を奪っているのがよりによって学校のシステムかと思うと、いったい何のための問題回収なのかと考えてしまいます。

グラフの書き方が独特な件

中2数学は、中学数学の山場である「1次関数」が範囲でした。1次関数は導入が全てであり、特に変化の割合を理解することで、この先の関数の礎が出来上がります。導入は慎重になりすぎるくらいで丁度良い。その後はペースを上げても全く問題ない。そういう分野です。

その導入を駆け足で、テスト直前にやっている時点で既にどうなのかと思っていたところ。
もっと衝撃的な事案が。

生徒から聞きました。

「学校の先生が『グラフは座標軸からはみ出ていないと×』って言ってたよ」

なるほど大変斬新な意見です。

グラフは座標軸の境界線まで書かなくてはならない

グラフは連続した値ですので、途中で止めてはいけません。座標軸の端の枠に触れないと間違いなく不正解です。

ただし、座標軸の外側はそもそも数字が定義されていない=意味が無いスペースです。座標軸の外枠を超えて書く必要はありません。ましてや、書かないと×という道理はありません。最も理屈に則って進められるべき科目で、何というパワープレイでしょう。

グラフを書くときに、点と点を結んで終わり、という中途半端な書き方をする生徒は結構たくさんいます。それはアウトです。こういった生徒を未然に防ぐため、先生が知恵を絞って行った指示だと思いたいです。

ひょっとしたら私が時代遅れなのかと思って、元教員の方に聞いてみましたが、一笑に付されました(笑)。

泉中の2年生だけグラフは座標軸からはみ出なくてはならない

これもまた真理です。

なぜなら、先生の言ったことはその学校のそのクラスにおいて「絶対」だからです。学校のテストは、授業中にやったことがきちんと出来ているかをチェックするテストです。先生が授業中に指示したことを聞いているかどうかをテストで試す。これはごく当たり前のことです。

私に「グラフははみ出なきゃダメ」と報告してきた生徒は、ちゃんと授業を聞いていた訳ですね。偉い偉い(普通)。

そこで塾や自習で培った正論を振りかざしても、全くメリットはありません。学校のテストではちゃんと座標軸からはみ出るように書き、塾のテストや模試、そしてもちろん入試では座標軸の外枠にピッタリ合わせるように書く。こういったダブルスタンダードが出来ないようでは、内申点を稼ぐことなど出来ません。

テストは確かにはみ出るべきだった

実際のテストは見事な問題でした。

座標軸の外枠ピッタリまで合わせて書くのが一般的であることは前述しました。はみ出るのは先生特有の指示だと。

ところが実際のテスト。

外枠が無かった。

十中八九、狙ってやっています。確かに外枠がないのなら、理屈の上ではどこまでも続いていることになります。もちろん座標軸を大きくはみ出して書かなくてはいけません。先生の指示を守らなければ、紛れもなく不正解です。

やはり先生は正しかった。
そうとしか言えない結果です。

でも、彼らが高校に行って恥をかくんですよ……
他の中学の生徒から見たら、やっぱり異質です。

中1の平均点が軒並み低い件

今年の中2、つまり昨年の中1も昨年かなり恐ろしい平均点でした。詳しくは下の記事で触れています。
学校のテストの平均点が低すぎる件

今年の中1も、第1回テストからの凋落が激しいという印象です。何しろ5教科の学年平均点が半分を切っています。あまり勉強をしない(むしろやり方を知らない)理社が低いのは毎年のことですが、通塾率の高い泉中において、英数の平均点が25点前後というのは驚きです。

自塾の生徒は第1回が不調だったので、平均点がガッツリ下がった今回のテストで点数を上げてきました。それでも、平均+7~8点しか取れていない科目もあり、日頃の学習ペースの見直しが必要なほどです。

ほぼ全科目問題を見ましたが、平均点がそれほど下がる要素は見当たりません。考えられるのは、中学生たちの「学校軽視」ではないでしょうか。

通塾率が高くなると、おのずと学校の授業を軽くみる傾向があります。また、学校の先生も「塾で習っているだろう」という見積もりで授業をしがちです。テストで高得点を取れる子は、塾に通いつつも意識高く授業に集中して先生から発信される情報に耳を傾けています。または、そもそも塾へ行かず学校の先生の授業を必死で聞いています。

このような奇特な子(たいへんレアです)を除くと、「塾に行ってるから大丈夫」「中1だから大丈夫」というよく分からない根拠の元、テストに臨み、ジワジワと平均点を下げていくのです。まあ、今回に関して言えばジワジワではすまないレベルの低さですので、学年全体で活を入れ直す必要があると思いますけど。

次のテストに歩み出した子はやはり強い

私が何も言うこと無く、自分から答案を持参して「アドバイスを下さい」という生徒がいました。もちろんアドバイスをしたからには確実に実行してもらいますが、口だけではなく、覚悟を持って相談に来るあたり、次回もアップが望めるでしょう。

テストの点数だけを見て、上がっただの下がっただの一喜一憂しているだけではいけません。自分のミスを慎重に、かつ客観的に分析し、弱点克服をしなければ。満点で無い限りは反省点があるはずですから。(満点の子はそれでも反省をするのですが)

泉中学校は、客観的に(しか見えませんが)若干クセのある指示が出る学校と思われます。そこで重要なのは学校の授業をきちんと受けること。塾だけで頑張って、学校の授業をおろそかにしている子が伸びるはずがありません。伸びているとしても、もっと伸びる可能性を自らつぶしているだけ。

後期は更に範囲が広がり、テストも難しくなるのが普通です。今一度学校の先生の指示をありがたく受け止め、どのような指示でも的確に応えられるよう準備をしておきましょう。