夏休みに放送する小学生向けのTV番組の収録をしてくるよ!という話

今回はちょっとした告知だけです。

休校期間が長かったのもあって、学校の進度はどうしても速くなりがち。正直ついていかれない子もいるんじゃないでしょうか。塾に行っているかどうかの差は大きすぎる気がします。

そんなわけで、最近色々なメディアで学習お助け企画をやっています。

その中で、ケーブルテレビの大手であるJ:COMさんは全国の小学生を対象に、国語と算数の授業を無料で放送するとのこと。うん、とても社会的に意義のある取り組みです。

その小学3年と小学4年の算数を、僕が担当するらしいのです。

なぜでしょう。

とりあえず決定事項っぽい雰囲気だったので一にも二も無く引き受けました。まあ、実は今まで一度も外部で授業をやったことが無かったので、たまには世間の厳しい目にさらされてみるのもいいかなという軽い気持ちです。

指導内容はなかなかシビアで、1つの単元を5分前後で終わらせなければいけません。普段30分くらいでゆったり身につけるものをまさかの5分ですから、ムダなおしゃべりは一言も許されません。

理科なんかだと授業の7割が雑談(理科に関することですよ)で占められている僕の授業はムダだらけということですね。いいでしょう、この挑戦状受けてたちましょう。

それでいて板書禁止らしいので、全編パワーポイントで授業を作らなければいけません。板書はアニメーションで再現出来ますが、たった5分の間に100以上ものアニメーションが詰め込まれることに。

おかげで5分の授業を作るのに3時間以上かかります。僕もそれほど普段パワーポイントを使うわけじゃないので、作業が遅いんですよね。

現在必死で授業準備を進めています。何しろ収録は2日後です。

猛烈に忙しいのですが、ついつい現実逃避でブログを書きたくなったというわけです。

TVの収録は初めてなのでちょっと緊張します。でも楽しさの方が勝ちますね。正直夏期講習で体験生を迎え入れる方がもっと緊張します。

最大の問題は何かというと、僕自身がJ:COMに加入していないから自分の授業を見られないという点です。夏休みに放映予定らしいので決まりましたらブログで告知をしますから、誰か感想を教えてくれると嬉しいです(自分で見られないので)。

余談ですが、今回のTV放送で一番喜ぶのは学習に困っている小学生ではなく僕の娘だと思います。普段は授業風景とか見られないからね。