エコール学院生公立高校全員合格おめでとう

昨日の首相発表から「学校休校」への対応に追われて半ばパニックだった僕の脳内ですが、集めた情報を吟味して、できる限りのことは出来たのかな、と考えています。

今日は休校対応だけではありません。もう1つ大きな出来事、公立高校入試の合否発表の日でもあります。

ということで、本音を言っても良いですかね?

今年は全く心配していませんでした。

だって、いくら簡単になったとはいえ、模試でも見たことがない点数を連発している生徒たち。私が指導している生徒は全員合格点に充分に足る得点を自己採点でたたき出していたので、残る懸念は自己採点が50点くらい間違っていたくらいしか不安はありませんでした。

はい、おかげさまで公立高校全員合格を達成しました。

しかも、エコール学院の受検生全教室の「全員」合格です!

毎年思うのが、受検生たちの成長って凄いな、ということ。

今日は合格発表じゃないですか。普通に考えたら遊びたいはずなんですよ。

でも、授業にちゃんと来てくれるんです。そして、休み時間にヒマだからと言って高1の問題を解いてるんですよね。

確かに高1準備講習をしているので、高校生の問題を渡してあります。でも僕は一言も、解いておけよとか、宿題だよとか、言ってないんです。解きたかったら解いてもいいけど、全然やらなくていいからね、とまで言っています。

それを自主的に解く心理って、「不安」なんですよね。

この合格直後に「不安」を感じられる子は強い。僕はそう思っています。今まで指定校推薦をもぎ取ってきた子たちがみんな持っていたのが「不安」なんです。

怖いですよね、新しい環境に進むんだから。新しい事を習うんだから。何も先のことは分からないんだから。

この「不安」をバネに、この時期から頑張れる。それだけで高校生活のスタートは大丈夫です。

今年も良い受検生たちに出会えて感謝です。お疲れ様でした。

次の戦いも共に歩めるといいですね。