新型コロナウイルス感染対策を徹底します

先日表参道に行ったんです。本音を言うと人混みに行くのは大変抵抗があったのですが、家族の病院の付き添いなので仕方なく行くことに。

いつもは受付から診察が終わって薬を受け取るまでだいたい3時間はかかるんですよね。その間にご飯を食べちゃうことすら可能なくらい待たされます。

ところが、その日は僕の知っている表参道ではありませんでした。

まず人通りが明らかに少ない。なぜか開店前の大行列を作っている店はあるものの、基本的に子どもを連れていてもスムーズに歩けます。いつもは自由気ままに歩けるような余裕はないので、だいたい抱っこしてっちゃうんですよね。

そして病院がやけにすいている。さらに入り口のアルコール消毒をほぼ全員やっています。いつもはほぼ全員スルーだったというのに。

おかげで待ち時間にご飯を食べる余裕も無くサクサク診察が終わってしまいました。そこから会計から薬の窓口までもノンストップ。

しかたないので終わってからご飯を食べようとよく行くカフェに行くと、いつもはウェイティングが入るのに、その日は普通に入れました。

ある意味たいへん快適な東京ツアーだったわけです。

そう、人がいなかったのは当然新型コロナウイルスの感染を恐れたからです。小田原にいると全然感じませんが、感度の高い東京だと、正直危機感が全く違います。

で、考えさせられたわけです。ウチの塾、そんなにノンビリ構えてちゃダメだろうと。

新型コロナウイルス対策をとります

大変遅い対応になってしまい申し訳ありませんが、ウチの教室でも新型コロナウイルス感染対策を行います。

タオル撤去&ペーパータオル設置

今まではトイレの中と洗面台のところにタオルをかけていました。僕が教室に来るたびに交換して家で洗っていたのですが、やっぱりこのご時世不特定多数の人間が触るタオルは無いな、と。

ということで、タオルは引退して頂きました。LOFTで買ったちょっと気に入っていたタオルなんですが、お役目を終えてぞうきんとしてタオル人生を全うして頂きましょう。

代わりにペーパータオルを買ってきました。

が、次の日に買い直しました(笑)。

やはりにっくき100均、ペーパータオルとケースを両方CanD○(一応伏せ字)で買いましたが、ペーパーは濡れた手でつかむといきなり破れるし、ケースはティッシュ用だから引き出しづらいしで、全く実用になりませんでした。

慌ててAmazonでポチッと。きちんとしたものを用意し直しましたので、快適に使えると思います。

アルコール消毒の徹底

教室の入口にアルコール消毒の機械を設置しました。手をかざすと自動で出てくるタイプですので、手でプッシュするものと比べて衛生的です。

これは僕ら講師も含めて全員徹底します。アルコール消毒をしないで入室はさせませんので、みんな意識が高まるまで言い続けます。

どういう掲示をしたらみんなアルコール消毒をしてくれるか、今考え中です。

飲食前の手洗いorアルコール消毒徹底

結局のところ、他人のクシャミをそのまま顔面に浴びて感染、なんて機会はまず無いわけです。感染経路として最も可能性が高いのは、飲食のときでしょう。

誰かがまき散らした飛沫に触る→その手で何かを食べる→感染というパターン。インフルが広がるのもこのしくみですよね。

ということで、自販機のところに注意喚起の掲示をしておきましょう。めっちゃ怖いイラストを添えて恐怖感に訴えかけてみようかな。

講師のマスク着用

正直言うと、全員マスクは徹底した方が良いんですよね。でも、現状満足にマスクを入手出来ないことを考えると、ちょっと全員マスク強制するのは難しいのではないかと。

一方、我々は人前に立つのが仕事ですから、マスクをつけるのは当たり前。自分でマスクの調達をするのも、ネクタイ買うのと同じレベルで必要なことです。

ということで、講師は全員マスク着用を義務化します。

まあ、僕は元々この時期マスク族なんですよ。毎年冬に入塾した子は春になるまで僕の素顔を見たことがないレベルでマスクをしています。

風邪引きやすい体質ですので、絶対僕の菌やらウイルスやらを広めたくないですし、しゃべっていると不可抗力でだ液とか飛ぶじゃないですか。それも嫌なんです。

今はPittaマスクを愛用しています。マスクについて2000字語らせたら1時間もかからずに書き上げますよ。

まとめ

ウチのような小さな塾は、狭い空間に生徒が密集します。対策をしなければ格好の感染経路になってしまいます。

やり過ぎくらいでちょうど良いですし、僕が親の立場なら無策な塾には行かせたくないですからね。だから保育園とか怖くてしかたありません(本音)。

安心して勉強に打ち込めるように、収束する間は徹底していきたいと思います。