質問ができない科目は理解が不足しているのかも

試験対策期間が始まりました。
ウチの塾の試験対策は、授業が全てストップし、各自の計画を元に演習を進めていくスタイルです。
この方法に切り替えて6年目を迎えています。

授業がありませんから、基本的に私はヒマです。
ヒマなので何をしているかというと、生徒の演習を観察してダメ出ししたり、勉強計画の相談に乗ったり、分からない部分の質問に対応したり、突貫工事で演習プリントを作ったり、生徒のレコーディングノートのコメントを書いたりしています。
うーん、よく考えたら忙しいですね。

そんな中、重視しているのが質問です。
塾で勉強をする大きなメリットは、いつでも質問出来る環境があることですからね。

質問の多い科目

圧倒的に質問の多い科目は数学です。
もはや質問の半分以上が数学で占められています。

数学はある意味質問に踏み切りやすい科目です。
問題を解き、答え合わせをして、解説を読む。
この解説が理解出来なかった場合、残された手段は質問するしかありません。

同じく理系科目である理科も質問が多くなりがちです。
意外と計算問題だけではなく、実験に関する問題の質問も出ます。
まともに作られた理科の問題は日本語力が必要ですから、つまずきやすいんですね。

社会も同様に日本語が理解出来ないという理由で質問が多い科目です。
用語は覚えている、でもそれが何だか理解出来ていない、教科書を読んでもよく分からない。
国語力が不足している子からの質問が圧倒的です。

質問の少ない科目

圧倒的に質問が少ない科目。
それは英語です。

単語が分からなかった、それは調べれば済む話です。

穴埋め問題が分からなかった、それは答え合わせをすれば正解が分かります。

語順整序が分からなかった。これも答えを見れば正しい順番が判明します。

長文読解は訳せなかった文章は全訳を読むことで解決します。

いやいやいやいや、最初の単語以外何1つ解決してないんだよね、それ。
おおかた「英語は暗記科目」というおかしな思い込みでもしているんでしょう。

それなんて中学時代の俺。

全部答えを見ただけで、全く理解する次元になっていません。
そんな付け焼き刃では、ちょっと違う文章になっただけで覚えたはずの単語は出てこないわ、ちょっと周りの単語が変わっただけで語順もムチャクチャになっちゃうわで、マトモな得点にはなりません。

深く勉強していないと質問はできない

そもそも自分の答えがなぜ違うのかすら考えようとせず、「答えにそう書いてあるから」という理由だけで正解をただ覚えようとするのが危険なんです。

私は「自分の答えが違う理由」を突き詰めるのがとても重要だと考えています。
正直60点を80点にしたいなら細かいことを考えずに大量の演習で良いですが、80点を90点にするには深い理解が欠かせません。
自分の答えが誤っている理由と正答の理屈を両方納得して、自分の中の考える回路を正しい方向に直してやる。
これがレベルアップへの道だと思います。

だから、突き詰めて勉強している生徒ほど質問が重箱の隅をつついたようにニッチなものになってきます。
他の子からしてみたら「え?そんなのどうでもよくね?」となってしまうところも、納得をしないで見過ごすことが出来ないわけですね。

これは英語に限らず、数学もそうですね。
平均点くらいを彷徨っている生徒は、典型パターン問題の解き方を質問してくることが多い。
一方で、高得点を狙っている生徒の場合、「何でこういう発想になるんですか?」という、その解法へたどり着く思考プロセスを質問してきたりします。
答え甲斐がありますよね、そういう質問。

まあいいんですよ、勉強初心者のうちは恥ずかしい質問をしたって。
調べれば分かる程度の質問をして突っ返されるのも経験です。

これを繰り返すウチに疑問を残すことも無くなっていくでしょう。
さらに簡単なことは自分で解決し、本当の意味で助力が必要なときだけ、さしのべられた手にすがるようになるはずです。

何が言いたいのかというと、本日指導した生徒からの質問が前回より質の高いものになっていたことに嬉しくなったというだけの話なんですけどね。
試験対策期間開始直後にこの調子なら、2週間でどこまで鍛えていけるか楽しみです。