さよならApplePencil

今や私の指導に無くてはならない存在となったiPad Pro+Apple Pencilのコンビ。

何が良いかと一言で表すと、「書く・消す・動かすが自由自在」に尽きます。特に、「消す」がポイントです。ホワイトボードだと消す作業でほんの少しですが思考が中断されてしまいます。消したいところだけを一瞬で消せるスピード感は紙やホワイトボードでは真似できません。

個別指導で使いやすい

小学生の個別指導ではバタフライボードも併用しながら使っています。

created by Rinker
バタフライボード
¥4,320 (2018/11/20 04:23:08時点 Amazon調べ-詳細)

ですが、私が持っているバタフライボード2の弱点は、3色を駆使できないところ。ボールペンのように細い黒ペンはメチャクチャ重宝していますが、残りの赤と青がぶっといので文字が書けません。マーカーのような立ち位置です。ちなみに新型は3色とも細いペンになったそうです。メッチャ欲しいけど、1色買うのに4本セットというのが……

created by Rinker
バタフライボード
¥972 (2018/11/20 04:23:08時点 Amazon調べ-詳細)

消す作業も専用のクロスを使って消すため、意外と手間です。

iPad Pro+Apple Pencilならば、あらゆる図形・ペンが使えるので、死角無し。難点は1台しかないので、同時に複数人指導する場合に少々不便なことくらい。そこはホワイトボード6枚が自由に切り離せるバタフライボードに軍配が上がります。

バタフライボードについては昔レビュー記事を書きました。

ノート感覚なホワイトボード「バタフライボード2」は塾講師にピッタリでした

質問対応は無敵

中学生以上では、質問対応に獅子奮迅の活躍を見せていました。

私はLINE@で学院生の質問を受け付けています。9:00~24:00ならいつでも質問対応するので、宿題の質問が来たり、学校の教材の質問が来たり、結構な頻度で利用されています。

その質問対応に欠かせないのがiPad Pro+Apple Pencilの最強コンビ。

質問対応は次のような流れです。

  • LINE@に質問が来る
  • Apple Watchに通知
  • カバンからiphoneを取り出して内容のチェック
  • 質問画像のダウンロード,生徒へ簡単な返信をする
  • iPad Proに自動で画像が同期される
  • Apple Pencilによる解説画像を作成
  • 画像を保存
  • iphoneにも画像が同期される
  • 質問した生徒に送信

LINE@はiphoneとiPad両方同時には使えません。いちいちログインしてユーザーの切り替えをしなくてはいけません。休日はiPadは家でお留守番ですので、いつでも返信が気軽に出来るiphoneでLINE@を使っています。

解説を作る作業はiPadでやるので、iphoneとの連携がキモ。そこが意識せずスムーズに出来るのは本当にiCloudさまさまです。

解説がApple Pencilを使えばサクサク手書きで作れます。例えばこんな感じ。

学校の課題らしい

5分くらいで解説を作ったら、あとは送るだけです。

より複雑な解説が必要な場合は、動画を撮影してYoutubeにアップし、URLを送れば動画解説のできあがり。これも20分くらいあれば出来てしまいます。

動画撮影と言っても、「Explain Everything」アプリを使って解説を画面に書き込みながら喋るだけ。顔は映らないので、起きたばかりでも寝る直前でもお構いなしに動画が撮れます。なんて便利なんでしょう。

こうして毎日のように大活躍だったiPadとApple Pencilですが、突然の別れが。

Apple Pencilさん まさかの家出

日曜日の夜のこと。LINE@に生徒から質問が来ました。数学の証明の質問です。

それほど難解な内容でもないので、生徒から送られてきた画像に解説を付け加えて返せばいいや、と思ってカバンからApple Pencilを探すと、いつもの場所にありません。

このApple Pencil、発売当初から持ち運びに難があることで有名です。

筆箱に入れるには長い、PCケースに入れるには華奢で折れそう、iPadとセットにするには別売りのケースが必要と、携帯性に関しては全く良いところがありません。

おまけにトゥルットゥルで美しい表面のせいで、メッチャ滑ります。側面が綺麗に丸いので、転がり出したら止まりません。褒めてるんだかけなしてるんだかもはや迷子です。

本当に、見た目と性能はぶっちぎりで良いですが、それ以外はク○なペンなのです。

そのク○っぷりを1枚の写真で表現すると、こうなります。

実に醜い

どうですか、この最悪なルックス。

ちなみに新型Apple Pencilは劇的に生まれ変わって弱点皆無になりました。興味がある人は神のブログにリンクを張っておくから読んでみるとよいかも。

参考 【2018】何が違うの?新型Apple Pencilの5つの特徴Apple信者1億人創出計画

話を戻します。

焦ります。ここまで奇跡的に無くさずに来たのに、まさかの紛失とは。

リュックのバッグインバッグも全部中身を調べ、もしかしたらと思って、ジャケットの内ポケットも探します。しかし待ち人来たらず。

仕方ないので、質問してきた生徒にはメッセージで頑張って解説を送ることに。簡単な問題だったのが幸いでした。何とか理解してもらえたようです。

Apple Pencil大捜索

こうなると、どこかに忘れてきたとしか考えられません。候補地は3つ。本部、螢田教室、板橋教室のどれかでしょう。金曜から週末にかけて行った場所はここしかありません。

休みの明けた月曜日、早速3カ所とも捜索します。

だが、無い。

探して無いとなれば、買い直すしかありません。それほど私の教務に欠かせないものになっています。

小学生の授業はまだ良いです。問題はLINE@での質問。メッセージのやりとりならそれこそ解説を読めば済むわけで、図も含めた手書き解説があるからこそ質問システムが成り立ちます。

しかしちょうど新型が発表されたばかりですし、私の使っていたApple Pencilはいわば旧モデル。一気に値崩れが起きていて、安価に購入できるかも!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥11,123 (2018/11/20 04:23:09時点 Amazon調べ-詳細)

……1ミリも安くなっていない。さすがはApple。

じゃあせっかくだから新型のApple Pencil買うか!と思って調べると、すぐ壁にぶち当たりました。

新型Apple Pencil、旧型iPadには使えない件。

質問がほいほい飛び込む時期です。現に板橋教室でApple Pencilを捜索している間も1つ英語の質問が飛んできました。作文の答え合わせなので何とかメッセージでOKですが、数学だったらアウトでした。

もうどうしようもありません。明日一通り探してみて、ダメなら買うしかない、そう決めました。

Apple Pencilとの再会

ありました。

本部の机に積まれた本の影に。

自分に言い訳をするなら、ここ最近試験対策テキストやら達成度確認テスト作成やらで、テキストや教科書が積まれていました。さらに、添削するノートも積もっています。

自分の無精さにあきれると同時に、安堵感で一杯です。

どこかで聞いたような話ですが、人はいなくなって初めてありがたみを感じるだとかなんとか。

毎日当たり前のように使っていたApple Pencilですが、無いと業務に支障をきたすレベルで困ります。解説作成はもちろん、ちょっとしたメモやスケジュール管理など、全てApple PencilでiPad Proに書き込んでいましたからね。

今回のことから私が得た教訓は、ただ1つです。

机は綺麗にしよう。